準備

物件の紹介~下見&下準備

前回、頭金がたまったのは良いのですが購入したい方が多く紹介できる物件がないとのこと。

ですので、それまでにできることをしようと思いたちました。

この記事で分かること

印鑑登録をする

実際に物件を見に行く(できたら夜も昼も)

印鑑登録

事前準備ということで区役所へ印鑑登録へ行きました。

現金で購入される方は必要ないのですが借入をする場合必要な書類になります。

契約時の印鑑はいわゆる「三文判」(普通の印鑑)を使おうと思っていました。
ハッキリ言って、決まりはないんですよね。

でもこれからもどんどん購入していきたいと思っているのにいつも銀行用に使ってるハンコじゃなぁ~とは思いつつも日曜日に区役所へ印鑑登録しに行ってみると

区役所の兄ちゃん
区役所の兄ちゃん
フチが一部 欠けていますね、これくらいなら登録できますがどうされますか?

いつも使っているハンコが名前の周りのマル部分(フチ)が欠けている?ホントだ・・・長年使ってきたもので経年劣化でしょうか。

仕方ないので ここでは、いつ物件が出てもいいようにとりあえずそのまま登録しました。

銀行印とかもコレなんだよね、どうしようかな~
(←変えるとなると変更手続きが大変で・・・)と悩んでいると

担当者
担当者
物件でましたよ~

コールが!やったぁ

物件 中古 ワンルームマンションの紹介

それで土曜日にどんな物件か業者さんへ伺いました。

ここは説明会の会場とは違うビルですね。
結構なスタッフさんが土曜にもかかわらず出社されてましたね~。
(ちなみに私は土日祝日休みが希望です!)

それから、購入者でしょうか、私だけでなく数人いらしてました、女性の方も。

こちらの業者さんは簡単にいうと

キャピタルゲイン
(安く買って高く売る売買差益を狙いとした投資)ではなく

インカムゲイン
(物件を所有し、賃貸収入を得ること)を目的として販売している

ので基本的に中古、駅近く、ワンルームマンションを勧めてこられます。

例えば新築をいったん購入し、登記してしまうとその瞬間2~3割ほど価値が下がったりすることはザラにあります。

またアパートなどの1棟物件を購入するとその分家賃収入は増えますがいわゆる法定点検等経費のオーナー負担が1室所有に比べて増えるんですよね。手持ちで必要な余裕資金も1室購入より用意しておかないといけないですし。

ユリ
ユリ
なので、1つずつ 地道に投資用マンションを増やす選択をしました。

紹介された物件はたまたま自分が賃貸で住んでいる近くの物件で色々と話を伺いつつ帰りに見に行ってみました。


下見

明るいうちに駅からかかる時間を測って、道路の状況や、道幅が狭くないかとか電灯はどのくらいかなど見て回りました。

昼間と夜とでは感じ方も違うので遠方でなければ、外観だけでもチェックした方が良いですよ

テナントさんがついているので外観だけを見ることができて、不審者だと思われないかな~と不安になりつつも(←小心者です)掃除なども行き届いてるようでしたので管理会社には問題なさそうだと判断しました。

大雑把に軽くチェックする程度でまぁ反対する理由はないしと考え、大事なことは自分が住むという判断基準で決めてはいけないということ、値段とか最初に買う物件として妥当かなというとこで即決しました。

再度 印鑑登録

それでその次の週(の土曜日)に契約になるからってことで、やっぱりコレ用に印鑑を作ろうと思って、ネットで速攻注文しました!

わたしが買ったのは「株式会社いいはんこやどっとこむ」さんからです。

いくつかハンコのサイトを調べて

  • すぐ、
  • 見た目もイイ感じで、
  • それなりに長く使えて、
  • そこまでお値段も高くなく、

というポイントで。

買う前に印影も見れるのでこれはとても良かったです。

注文して中2日で届くようにしてもらって(宅配ボックスなしの賃貸で受け取れないためポストへ投函してもらいました)印鑑登録を変更しに再度区役所へ行って、発行してもらって間に合いました。

一応ケースもそれらしいのを購入しました。トータルで5千円くらいですよ。見栄えもいい感じで満足したのが出来上がりました。

いいものは凄くいい(当たり前)みたいですけど、5千円でもとっても良い感じのができましたし、実際のところ、契約時の現場でもやはり作っておいて正解だったなと感じました!

担当者からも褒められました(*’▽’)

こういった、物件購入前の費用(印鑑や交通費など)も不動産所得の初期費用として認められる

ので全部メモ等しておいてくださいね。領収書も。